森 澤 広 行

言語聴覚療法学科 講師

学生インタビュー!!

◇◇◇ Q1.姫路獨協大学のいいところを教えてください。

A1.

  環境面は、自然に囲まれ静かな場面でしっかり勉強できる環境が整っていると思います。また、勉強や学生同士が交流できるスペースも多く、大学生活を送るうえで大切な環境は整っていると思います。 

  言語聴覚療法学科としては、20人の少人数で学べるところが一番のいいところだと思います。また、担任制が導入されておりいつでも相談に行ける環境はいいのではないでしょうか私自身、学生生活では母校の担任の先生によく相談を聞いていただきよかったと思うことが多いです。

 

◇◇◇ Q2.言語聴覚士になってよかったことを教えてください。

A2.

 言語聴覚士になり10年が過ぎましたが、食べることができなかった方が食べられるようになり、「食べられてうれしい」と言っていただける時が、言語聴覚士になってよかったと思う瞬間です。訓練を考えることは大変ですが、このような言葉を聞くとホッと心が温かくなります。これからも多くの患者さんにより良いリハビリテーションを提供していきたいと思います。

 

◇◇◇ 学生からみた先生の印象

・臨床に出てからのことを考えて細かく指導してくれる

・学生の話を親身に聞いてくれる

 

 ◆所属学会

 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会

 日本言語聴覚士協会

 日本認知症ケア学会

 

◆メッセージ

 専門は、失語・高次脳機能障害、社会福祉分野です。言語聴覚士は、病院だけでなく、施設や学校、在宅など様々な場所、分野で活躍しています。地域に貢献できる言語聴覚士を目指し、ともに頑張りましょう。

 

 

 

 

 ←教員紹介へ戻る