アドミッション・ポリシー

言語聴覚療法学科では、次のような方の入学を歓迎します。

   

    1.協調性があり、思いやりを持つ方

    2.幅広い知的好奇心を持つ方

    3.専門職の知識・技術の習得を志す方

    4.言語聴覚療法を通して社会貢献を志す方

  5.以上の修得に努力を惜しまない方

 

 ごく当然のことですが入学後に学ぶことをもとに、ご本人がほぼ生涯に渡って生活の糧を得て行かれます。また患者の皆様方に少しでも良い暮らしができるよう支援していく必要もあります。もちろん国家試験もあります。

 

 将来それらを成功に導くものは、ご本人の力以外の何ものでもありません。ですのでご本人が学修内容に興味をもち、ご本人自身が努力をされることは、言語聴覚士に限らず、他の多くの分野と同様に本学科でも必要と考えます。

 もちろん私たち教員自身も、少しでもわかり易く、親切にをモットーに、学生の皆さんの負担が少なくなるよう努力を惜しまないつもりでおります。

 

 努力で勝ち得た喜びは大きいです!

 努力とは本来、すがすがしいです!

 努力は将来への礎です!

  多くの患者さん方の喜びへの礎です!

  地域貢献への礎です!

 ともに学び、向上しましょう!

 

 

 

本学科の特色

1.多彩な科目でことばの専門家を養成

  さまざまな障がいを扱う言語聴覚療法を実践するためには、幅広い専門知識が問われます。多彩な科目を学べるカリキュラムで、ことばの専門家を育てます。

 

2.研究、臨床において経験豊富な教員による実践教育

  多くの実習先に加えて、豊富な臨床経験を持つ教員の実践的な専門教育により、言語聴覚士に必要な知識とコミュニケーション能力を養成します。(本学科の専任教員は、全員が言語聴覚士有資格者であり、かつ臨床現場での勤務経験を有しています。)

 

3.親切で類をみない少人数教育で国家試験をサポート

  本学科の定員は1学年20名。学生と教員が一体となって言語聴覚士国家試験合格を目指します!